ゴーストハント7 扉を開けて

ゴーストハント7 扉を開けて

メディア 単行本
著者 小野不由美
イラスト いなだ詩穂
発売日 2011/11/18
判型 四六判
JAN/ISBN 9784840143073
価格 1,512円(税込)

商品詳細

「ゴーストハント」シリーズ堂々完結!

■ポイント

シリーズ第1作からの謎が解き明かされる感動の完結編。SRP解散の危機!そこに舞い込んだ依頼には、大きな罠が待ち構えていた。謎に包まれた主人公ナルの素性が明らかにされる。衝撃のラストを見逃すな!!

■内容

能登の事件の後、東京への帰路についた一行は、道に迷ってダム湖畔のキャンプ場にたどり着いてしまう。ナルの突然のSPR解散宣言に戸惑う麻衣たちは、急遽、湖畔のバンガローに滞在することに。そこへ舞い込んだ、廃校になった小学校の調査依頼。幽霊が出るという校舎には、恐るべき罠が仕掛けられていた——。すべての謎が明らかにされる最終巻。驚愕の真実とは!?

■著者

大分県中津市生まれ。京都大学推理小説研究会に所属し、小説の作法を学ぶ。88年、講談社X文庫ティーンズハートからデビュー。 89年「ゴーストハント(悪霊)」シリーズ第1作『悪霊がいっぱい!?』がヒット、人気シリーズに。91年『魔性の子』に続き、92年『月の影 影の海』を発表、「十二国記」シリーズとなる。94年『東亰異聞』を発表。98年『屍鬼』がベストセラー、のちに漫画化、アニメ化される。2001年『黒祠の島』刊行。02年、NHKで「十二国記」がアニメ化される。03年『くらのかみ』を発表。