数独はなぜ世界でヒットしたか

数独はなぜ世界でヒットしたか

メディア 単行本
著者 鍜治真起
発売日 2010/03/19
判型 四六判
JAN/ISBN 9784840132657
価格 1,188円(税込)

商品詳細

世界No.1 パズル = SUDOKU 伝説の難問・奇問30掲載!

■ポイント

・120カ国で楽しまれている「数独」生みの親が初めて語った「数独ブーム」とその後のストーリー・海外に出て、それまで「固定読者に売れればいい」と考えていた著者が海外でいろいろな国を見て聞いて、しだいに考えを変えていった過程がわかる。・「なんでもおもしろがる」「いつも頭に余裕を」「途中を楽しむ」──ひょうひょうとしながら、使命感をもって仕事に取り組む姿勢と自信。それを支えていたのは、濃密な付き合いを続けるパズルファン達だった。

■内容

「どこにもない、パズル雑誌を作ろう」幼なじみ3人で始めた小さな出版社から生まれた大ヒットパズル「数独」。出会いも世界的ブームも、すべては偶然から始まった。イギリス、アメリカ、スペイン、台湾、スウェーデン……呼ばれて世界を回るうちに、気づいたら僕も変わっていた。

■著者

株式会社ニコリの代表取締役社長。1980年、印刷会社に勤めながら、幼なじみ2人と共同で「パズルの雑誌(パズル通信ニコリ創刊準備号)」を発行する。1983年に、株式会社ニコリを設立する。1984年、アメリカのパズル誌に載っていた「Number Place」というパズルを初めて目にしたのが転機となる。より問題を洗練させ(対象形)「数字は独身に限る」(のちに短く「数独」とした)という名称で発表したことから、数独の名付け親として知られる。2004年末ごろからロンドンを皮切りに全世界的に「数独ブーム」が起こり、一躍有名人となった。

関連リンク

■関連サイト

http://www.nikoli.co.jp/

この著者の商品