• 文庫J
  • フラッパー
  • アライブ
  • ジーン
  • 文庫J
  • フラッパー
  • アライブ
  • ジーン
  • MFブックス
  • 文庫J
  • フラッパー
  • アライブ
  • ジーン
  • MFブックス
  • コミックフルール
  • コミックエッセイ劇場
  • あたしんちWEB
  • あたしんちWEB
  • はなかっぱ
  • えむえふキッズ
  • フルール
  • Mei
  • FABTONE
  • RADTONE
  • XTALRECORD
  • GOONTRAX
  • CLUSTERSOUNDS
  • ange
  • えむえふキッズ
  • ダンボール戦機キャンペーン
神さまのいる書店 冬を越えて咲く花

ダ・ヴィンチブックス

神さまのいる書店 冬を越えて咲く花

メディア 単行本
著者 三萩せんや
発売日 2016/03/18
判型 四六判
JAN/ISBN 9784040682006
価格 1,080円(税込)

商品詳細

「本と友達になれるなんて、とっても素敵なことだと思わない?」

■ポイント

本の修理・改装という、本好きにはたまらないテーマ。
本が生きているという王道のファンタジーでありながら、高校生の初々しい恋愛や、家族、そして本との絆を瑞々しく描く。
主人公たちである中高生ばかりでなく、シニア層の女性などにも共感してもらえるストーリー。
2巻となる本作では、中学生ほどの姿をした少女のまほろ本と、おばあちゃんの姿をしたまほろ本、2人(2冊)が新たに登場。二つのドラマが重なった先に、1巻を凌ぐ感動の結末が訪れます。

■内容

第2回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞〈大賞〉受賞。感動の書店ファンタジー、待望の続刊!
魂の宿る「まほろ本」を扱う、まほろば屋書店にやってきた新しい仲間。それは、“自傷”する本だった――。
まほろば屋書店でのアルバイトに夢中のヨミに、姉・エイコは「受験勉強、ちゃんとしてるんでしょうね?」と釘を刺す。そんなエイコに、ひょんなことから「まほろ本」の存在がバレてしまい――?

■著者

1985年宮城県生まれ、埼玉県在住。東京農業大学卒業。2014年、「錠紋抜器ノ秘鍵使イ」(出版の際『一刀両断のアンバー・キス』に改題)で第7回GA文庫大賞〈奨励賞〉を、「Shall we ダンス部?」(出版の際『たま高社交ダンス部へようこそ』に改題)で第20回スニーカー大賞〈特別賞〉を受賞。自身初の一般エンタメ作品である「裏道通り三番地、幻想まほろば屋書店」で第二回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞〈大賞〉を受賞し、改題した『神さまのいる書店 まほろばの夏』にてデビュー。