• 文庫J
  • フラッパー
  • アライブ
  • ジーン
  • 文庫J
  • フラッパー
  • アライブ
  • ジーン
  • MFブックス
  • 文庫J
  • フラッパー
  • アライブ
  • ジーン
  • MFブックス
  • コミックフルール
  • コミックエッセイ劇場
  • あたしんちWEB
  • あたしんちWEB
  • はなかっぱ
  • えむえふキッズ
  • フルール
  • Mei
  • FABTONE
  • RADTONE
  • XTALRECORD
  • GOONTRAX
  • CLUSTERSOUNDS
  • ange
  • えむえふキッズ
  • ダンボール戦機キャンペーン
東京大学の学術遺産 君拾帖

メディアファクトリー新書103

東京大学の学術遺産 君拾帖

メディア 新書
著者 モリナガ・ヨウ
発売日 2014/06/27
判型 新書
JAN/ISBN 9784040667959
価格 1,188円(税込)

商品詳細

成長する日本近代を、丸ごと蒐集した人がいた

■ポイント

・東京大学が持つ貴重な学術遺産に触れられる。
・安政5年から大正5年までの様々な印刷物が見られる。
・現代の博物学者であるモリナガ・ヨウの、ユニークで眼からウロコの解説

■内容

東大とのコラボレーションにより、貴重な学術遺産を紹介するカラー版・ビジュアル新書。

東京大学が、1877(明治10)年の開学以来蓄積してきた学術標本や研究資料などの学術遺産(文化財)。本書は、600万点におよぶ史料のなかでも群を抜いてユニークな『君拾帖(くんしゅうじょう)』の魅力を現代の目利き、モリナガ・ヨウが歴史的視野・芸術的視野から紹介する。

『君拾帖』は、日本の博物学の父と呼ばれた技術官僚・田中芳男が、1859(安政5)年から1916(大正5)年までの約60年間にわたって作成した、98冊(収蔵93冊)におよぶスクラップ帖。年代順にびっしりと貼り付けられた商品のラベルや包装紙・案内状・招待状・名刺・絵はがき、献立表といった様々な印刷物の中から、語るべきアイテムを、ナビゲーターである画文家モリナガ・ヨウがセレクト。その印刷物が何なのか、見るべきポイント、なぜ今日のわれわれにとって価値があるのか・魅力的なのか、などについて解説していく。

■著者

1966年生まれ。画文家。早稲田大学教育学部地理歴史専修、漫画研究会出身。イラスト・ルポを得意とし、、子どもから大人まで幅広い人気を集める。立体作品も手掛け、「空想科学読本」シリーズの表紙オブジェを担当。著書に『図解絵本 東京スカイツリー』(ポプラ社)、『ジェット機と空港・管制塔』(あかね書房)、『モリナガ・ヨウの土木現場に行ってみた!』(アスペクト)、『ワールドタンクミュージアム図鑑』『東京右往左往』(大日本絵画)など多数。東大出版会『UP』で、加藤陽子教授と「トナリのシガク」連載中。

関連リンク