• 文庫J
  • フラッパー
  • アライブ
  • ジーン
  • 文庫J
  • フラッパー
  • アライブ
  • ジーン
  • MFブックス
  • 文庫J
  • フラッパー
  • アライブ
  • ジーン
  • MFブックス
  • コミックフルール
  • コミックエッセイ劇場
  • あたしんちWEB
  • あたしんちWEB
  • はなかっぱ
  • えむえふキッズ
  • フルール
  • Mei
  • FABTONE
  • RADTONE
  • XTALRECORD
  • GOONTRAX
  • CLUSTERSOUNDS
  • ange
  • えむえふキッズ
  • ダンボール戦機キャンペーン
怪談を書く怪談

怪談を書く怪談

メディア 単行本
著者 加門七海
発売日 2013/12/20
判型 四六判
JAN/ISBN 9784040661889
価格 1,404円(税込)

商品詳細

――どんなに些細な話であっても、怪談は決して油断できない。

■ポイント

加門七海の五年ぶりの怪談実話集。本書のために新たに三篇を書き下ろし。
ぞくぞくする最強の怖さ。

「”これ本当に実体験!?”と驚くことばかり。ぞくぞくします。」
高松亮二さんも絶賛の声!(書泉グランデ)

■内容

海が怖い。海は死に近いからーー。山では、「この先に行ったら、私は死ぬ」というような直感で足がすくんだこともある。海は、実際恐ろしい目にあったことがないのだけれど、怖い。ある日、友人が海に纏わる怖い話を始めた。話を聞いているうちに、生臭い匂いが立ちこめ……。(「船玉さま」より)

■著者

加門七海 かもん・ななみ
東京都生まれ。多摩美術大学大学院修了。美術館学芸員
を経て、1992年『人丸調伏令』(ソノラマ文庫)で作家デビュー。
オカルト、風水、民俗学に造詣が深く、小説、エッセイなど様々に活躍中。
著書に『うわさの神仏其ノ1~其ノ3』(集英社文庫)、『鳥辺野にて』『203号室』(光文社文庫)、
『心霊づきあい 11人の作法』『お祓い日和』(KADOKAWA MF文庫ダ・ヴィンチ)、』
『鍛える聖地』(KADOKAWA メディアファクトリー)など多数。
本書の書き下ろし作品となった「怪談を書く怪談」とリンクする「感染(うつ)る写真」は『Mei(冥)』3号(KADOKAWA メディアファクトリー)に掲載。
近刊『もののけ物語』(角川文庫)。

関連商品